引越しをするタイミングは人それぞれ異なっていますが、誰にでも共通して言えるのが、初期費用が集まってから物件を探し始めるということです。
早く引越しをしたいからと言って、初期費用と少々の余分なお金が無い時に物件探しをするようなことはしないようにしましょう。
基本的には、引越しをしようと考えている日の2週間前に不動産屋で物件探しをします。
しかしいったいこの基準は何なのかわりませんし、根拠もなく参考にする必要はないでしょう。

 

不動産屋で物件探しをしていて、お気に入りの物件が見つかったら契約となりますが、この契約に要する期間は概ね一週間程度が必要となります。
せっかく良い物件が見つかったのに、初期費用が足りなく悔しい思いをしないようにまとまったお金を確保しておくことが大切なのです。 ただ単に賃貸と言いましてもワンルームからファミリータイプもあり、様々な人のニーズに応えてくれることでしょう。
中にはちょっと変わったロフト付きの部屋などもありますので、多くの不動産屋を探してみてください。



引越しの2週間前に賃貸探しブログ:13-1-19

シェイプアップ中の主食として、
皆さんは、菓子パンとライス、どちらを選びますか?
 
シェイプアップに関して言うと、
ライスの方が主食として適しているみたいですよ。

ライスは、原料に水を加えてそのまま炊くだけですが、
菓子パンは、小麦粉にバターや砂糖などを加えて焼き上げたものなので、
その分ライスに比べて高カロリーなんです。

また、それぞれの付け合わせ(おかず)の選択にも影響してきます。

ライスの場合は、
豆腐や納豆、野菜の煮物などでおいしく食べることができますが、
菓子パンの場合は、ハムやベーコン、卵などが欲しくなりますよね。

トーストにした場合も、おいしく食べるためには
バターやジャムを使ってしまい、
結果として脂肪分を摂りすぎてしまうことになってしまいます。

トータルすると菓子パンの方が高カロリーになってしまうんです!

食事の量を減らすと、すぐにお腹が空いてしまう!
だから、量はそのままでカロリーは低く抑えたい…
そんな要望に応えてくれるのが、
低カロリーな食材を使った混ぜライスです。
 
海藻や干ししいたけ、じゃこ、きのこ類などの食材を
ライスに混ぜて味付けをしてみると、
おかずはそんなに摂らなくても、おいしく食べることができます。
結果として低カロリーな食事で、栄養もバッチリです。

また、満腹感を得るためには、
ライスを「おかゆ」にしてしみてはいかがでしょう?
じっくり煮込んだおかゆは、元々のライスの量が少しでも、
食べごたえがあり、かなりの満腹感が得られます。

ライス1杯を、おかゆ1杯にかえるだけで、
約90kcalもの摂取カロリーを減らすことができるんです。

シェイプアップのために、ライスを活用しましょう!


このページの先頭へ戻る