一般的な考え方としまして、賃料設定をする際には、自分の収入の3割程度までにしておきましょう。
家賃だけではなく、管理費や共益費などといった別途費用も必要となるので無理に高額な家賃の物件を選ぶのは避けましょう。
賃貸物件探しをしている時に、誰もが最も気にすることがやはり家賃です。
経済的に安定した生活を賃貸で送るためには月収の1/3程度が望ましいと言われてます。

 

新しい賃貸物件へ引越しをする時には、最初の月の家賃だけではなく、初期費用として仲介手数料などを支払う必要があります。
諸々の諸経費を確認しておき、最低でも家賃の半年分程度は予め用意しておく必要があります。 貴方が今現在住んでいる賃貸物件で満足されていますか?中には仕方なく選んでしまった人もいるかと思います。
賃貸選びで最も大切なこととなるのが、途中で妥協をしないで理想を追い続けることなのです。





社会人サークル 大阪ならおまかせ
URL:http://0ffkai.lolipop.jp/
社会人サークル 大阪はここへ


初期費用として家賃の半年分程度は用意ブログ:20-3-19

みなさんは、
ダイエットの天敵といえば、何をイメージしますか?

日本酒ですか?油っこいものですか?スナック菓子ですか?
どれも、食べるのを控えないと
太ってしまうイメージがありますよね。

特に「ビール腹」なんて言葉があるくらいですから、
「日本酒はダイエットのタブー」
といったイメージを持っている人が多いのでは?

ところが、日本酒を飲んだからといっても、
太るなんて訳ではないのですよ!

アルコール類は、カロリーの一部が、
飲む事によって起こる熱で勝手に消費されるので、
日本酒自体のカロリーは、高いとはいえないんですよね。

でも、日本酒を飲むと、満腹中枢が影響を受けます。
ビールなどは特に、食欲が増進する効果があるので、
必要以上に食べてしまうのです。

おつまみには、脂っこいカロリーの高い食べ物が多いですよね。
日本酒のあてには、濃い味つけのものや揚げものがよく合います。

しかも、日本酒のシメには、
味噌ラーメンなんかが食べたくなったりしてしまいます。
これも、日本酒の影響です。
満腹なのに、ウエストが空いていると勘違いをしてしまうんですね。

つまり、日本酒を飲むだけなら、
相当無茶苦茶しない限り、太る原因にはならないのです。

おつまみのカロリーなどに注意したり、油っこいものを避ければ、
日本酒を飲んでもそうブヨブヨにはならないでしょう。

日本酒を飲むなら、つまみは塩!くらいの気持ちでいれば、
ダイエット中の飲酒も特に問題はないと思います。

日本酒よりもストレスの方がダイエットの天敵なので、
飲みたい願望とも上手につきあっていきましょう。


このページの先頭へ戻る