物件の契約時には、必ず敷金を支払うこととなりますが、これは家賃滞納の補填に使用されたり、退去をする時の修復費として利用されます。
基本的に退去時の修復費として利用されますが、家賃の滞納時にもこの敷金から差し引かれることとなります。
契約時に大家さんへ支払う礼金は、お礼の意味を持っていますので、後々戻ってくることはありません。
一般的には家賃の1〜2ヶ月分程度が相場となっていますが、値下げの一環として礼金不要としている物件も最近では増えてきました。

 

一時期テレビ番組でも討論された賃貸の敷金の使われ方ですが、これはガイドラインが存在しています。
なので、どこまで敷金が適用する範囲なのかをまずは確認しておくと良いかもしれませんね。 気軽に引越しをすることの出来る賃貸ですが、一つ忘れてはいけないのはその物件は貴方のものでは無いということです。
物件のオーナーに借りているという自覚を持ち、常識ある賃貸生活を心掛けるようにしてください。



礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しようブログ:13-10-18

最近、減量のために、
ヘルシーな食生活に変える方が増えてきていますが、
食べる事スタイルの一つとして、
菜食主義やマクロビオティックを始める方も増えていますよね。

50代に入っても、美しい肉体をキープしている
マドンナが行っていることで有名になったマクロビオティックですが、
基本は菜食主義です。

ところが、このマクロビオティックは、
かなりの食べる事制限があり、専門的な知識がなければ、
マクロビオティックは実行できません。

マドンナのようなセレブであれば、
マクロビオティックの知識がある調理人に、
6時12時23時と、
食べる事のすべてを任せることも可能ですが、
普通にマクロビオティックを行うことは難しいことなんです。

基本的に、菜食主義は食べる事のメニューは野菜中心です。

菜食主義は、生活習慣病防止に効果的ですが、
過剰に野菜中心になると、リスクがあるんですよね。

肉、魚、乳製品をはじめとした動物性タンパク質を、
全く摂らない菜食主義は、体質によっては、
健康を維持できなくなったり、逆に太ってしまう危険性もあるのです。
これでは、減量に逆効果です!

菜食主義でも太る危険性があるのは、
脂肪を燃やしてくれる筋肉が落ちるからです。

筋肉が乏しいと、脂肪が燃えにくくなってしまいますので、
減量を成功させるためには、
最低でも一食あたり、手のひらに乗る程度のタンパク質は必要なんです。

また、野菜から鉄分を吸収することが上手くできない体質の方が、
「健康と減量に良さそうだから」と、
菜食主義を徹底して行い、貧血を起こし始めることもあります。

体質などによっては、
菜食主義が健康的な減量だとは言えないのです!

美しく減量するためには、
何でも食べないといけないんですね!

応援クリックしてね・・・プチ(まあ、ランキング貼ってないけどw)

このページの先頭へ戻る