物件の契約時には、必ず敷金を支払うこととなりますが、これは家賃滞納の補填に使用されたり、退去をする時の修復費として利用されます。
基本的に退去時の修復費として利用されますが、家賃の滞納時にもこの敷金から差し引かれることとなります。
契約時に大家さんへ支払う礼金は、お礼の意味を持っていますので、後々戻ってくることはありません。
一般的には家賃の1〜2ヶ月分程度が相場となっていますが、値下げの一環として礼金不要としている物件も最近では増えてきました。

 

一時期テレビ番組でも討論された賃貸の敷金の使われ方ですが、これはガイドラインが存在しています。
なので、どこまで敷金が適用する範囲なのかをまずは確認しておくと良いかもしれませんね。 気軽に引越しをすることの出来る賃貸ですが、一つ忘れてはいけないのはその物件は貴方のものでは無いということです。
物件のオーナーに借りているという自覚を持ち、常識ある賃貸生活を心掛けるようにしてください。



礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しようブログ:17-7-18

減量を頑張っていても
どうしても我慢できないのがおかし。

確かに減量中は、
おかしを食べないのが一番いいんですが
全ての人がそんなに我慢強いとは限りません。

食べたくて食べたくて仕方ない人もいますよね?

そういう人は
我慢しすぎるとかえってストレスが溜まり、
急激な過食・大食いに走る可能性があります。

ですから被害を最小限に抑える意味でも、
減量を食べたくなったら食べちゃいましょう!
そのほうが減量に成功すると思います。

でも、いくつか条件があります。

まず、
いくらおかしOKといっても、
日々はさすがにNG!

基本は
どうしても我慢できなくなったときだけです。
それを踏まえると7日間に一度、
駄目なら三日に一度ぐらいが
目安となるでしょう。

日々、食べたものをチェックしていけば、
前にいつおかしを食べたのかわかりますよね。

また、
24時に食べる事するほうが太りやすいですよね?
当然おかしも
24時に食べたほうが脂肪になりやすいわけです。

ですから
どうしてもおかしを食べたくなり、食べることになっても
24時には絶対食べないでくださいね。
ベストは三時ぐらいまでに食べるのがいいでしょう。

そして、おかしの量についてですが、
せいぜいケーキ一つ(約500カロリー)ぐらいですね。

コーラにポテチ、チョコレート…なんて
まとめ食いしたらあっという間に
1000キロカロリーをオーバーしますよ!

和菓子が好きなら
その方が少し量を食べられるかも知れません。
洋菓子や揚げ物はやはりカロリーが高いですからね…

質より量!なんて思うんでしたら
食べるおかしの種類も考えてみると良いかも知れませんね。



このページの先頭へ戻る