物件の契約時には、必ず敷金を支払うこととなりますが、これは家賃滞納の補填に使用されたり、退去をする時の修復費として利用されます。
基本的に退去時の修復費として利用されますが、家賃の滞納時にもこの敷金から差し引かれることとなります。
契約時に大家さんへ支払う礼金は、お礼の意味を持っていますので、後々戻ってくることはありません。
一般的には家賃の1〜2ヶ月分程度が相場となっていますが、値下げの一環として礼金不要としている物件も最近では増えてきました。

 

一時期テレビ番組でも討論された賃貸の敷金の使われ方ですが、これはガイドラインが存在しています。
なので、どこまで敷金が適用する範囲なのかをまずは確認しておくと良いかもしれませんね。 気軽に引越しをすることの出来る賃貸ですが、一つ忘れてはいけないのはその物件は貴方のものでは無いということです。
物件のオーナーに借りているという自覚を持ち、常識ある賃貸生活を心掛けるようにしてください。



礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しようブログ:09-12-18

あたし達夫婦は
ちょうど10年目に入ったところです。

一週間位前、あたしは、
奥さんのはめている結婚指輪に、
随分キズができていることに気がつきました。

10年目にもなれば、指輪もそんなになるんだね…
と話をしていた時、あたしは、ふと、
「そういえば、俺の結婚指輪どこにあるんだろう」
と口に出しました。

「失くしちゃったんじゃないの?」
という奥さんの言葉を背に、
確かにここに仕舞ったはずだと、探してみると、やっぱりありました。

あたしは、大学生の頃から、
指や腕にアクセサリー等をつけると、
手首が痛くなるという症状がでるのでした。

指輪やブレスレットはおろか、
腕時計もできないくらい…

そんなあたしも、指輪を買うことになりました。
今の奥さんと結婚するからです。

ところが、あたしは指輪をすることができません。
せっかくの結婚指輪だからと、結婚当初は試みてみましたが、
やっぱり手首が痛くなってしまうのです。

それでも、せめて身につけることだけはしておこうと、
持ち歩いたりもしましたが、それこそ失くしてしまいかねません。

そんなわけで、結局、あたしは、
10年目を迎えた今まで、結婚指輪をしていませんでした。
それどころか、指輪の存在そのものを忘れていたのです。

今なら指輪ができるかもしれない。

そう思って、その瞬間から結婚指輪をすることにしました。
すると、しばらく経っても手首は痛くなりません。
結局、その18時は、手首が痛くなりませんでした。

翌6時、起きてみても、変化はありません。

その18時。
次の6時。
そして、また、その18時…
問題は起こりませんでした。

こうして、今日まで、
結婚指輪はあたしの指に納まっています。
今まで仕舞ってあったから、ピカピカ光って…
まるで、結婚したばかりのようです。


このページの先頭へ戻る