物件の契約時には、必ず敷金を支払うこととなりますが、これは家賃滞納の補填に使用されたり、退去をする時の修復費として利用されます。
基本的に退去時の修復費として利用されますが、家賃の滞納時にもこの敷金から差し引かれることとなります。
契約時に大家さんへ支払う礼金は、お礼の意味を持っていますので、後々戻ってくることはありません。
一般的には家賃の1〜2ヶ月分程度が相場となっていますが、値下げの一環として礼金不要としている物件も最近では増えてきました。

 

一時期テレビ番組でも討論された賃貸の敷金の使われ方ですが、これはガイドラインが存在しています。
なので、どこまで敷金が適用する範囲なのかをまずは確認しておくと良いかもしれませんね。 気軽に引越しをすることの出来る賃貸ですが、一つ忘れてはいけないのはその物件は貴方のものでは無いということです。
物件のオーナーに借りているという自覚を持ち、常識ある賃貸生活を心掛けるようにしてください。



礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しようブログ:27-7-18

当たり前のことですが、
シェイプアップをするには…
「消費エネルギー>摂取エネルギー」
という公式を守らなければいけません。

シェイプアップの必要がある人は、
上の公式が成り立っていないんですよね…

ですから、
自分の連日の生活習慣について、
見直してみる必要があるんです。

まず、摂取エネルギーを減らすということは、
食事の量を減らすということになるわけですが…

皆様が今食べている食事、
本当にすべて必要な食事なのでしょうか?

よ〜く思い起こしてみてください。

お昼食と夕方食の間におやつなどと言って
おやつを食べてはいませんか?

友人との付き合いだからといって、
飲み会に行ったりしてませんか?

果たして、
おやつは生きていく上で
必要なエネルギーですか?

ビールもしかりです。
おそらく余計なカロリーでしょう。

余計なカロリーがたまってしまうから、
シェイプアップが必要な状態になってしまうわけですよね。

逆にいうと、その余計なカロリーを
摂取することをやめてしまえば、
摂取エネルギーを減少させることに成功します。

シェイプアップへの道筋がついたということもできますね?

次に、消費エネルギーを増やすには運動です。
しかし無理な運動は禁物ですよ。

背筋でいいんです。
少し歩く距離を増やすだけでもかまいません。
運動をする時間を
少しでも増やす努力をしてみましょう。

このようなちょっとした努力によって、
確実に消費エネルギーを増やすことはできます。

消費エネルギーが摂取エネルギーを超えると、
体に溜まった脂肪をエネルギーに回します。
そして、結果的にシェイプアップの成功につながるんです!

シェイプアップだからと
難しく考えないで、シンプルに考えましょう!


このページの先頭へ戻る