礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しよう

礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しよう


礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しよう
物件の契約時には、必ず敷金を支払うこととなりますが、これは家賃滞納の補填に使用されたり、退去をする時の修復費として利用されます。
基本的に退去時の修復費として利用されますが、家賃の滞納時にもこの敷金から差し引かれることとなります。
契約時に大家さんへ支払う礼金は、お礼の意味を持っていますので、後々戻ってくることはありません。
一般的には家賃の1〜2ヶ月分程度が相場となっていますが、値下げの一環として礼金不要としている物件も最近では増えてきました。

一時期テレビ番組でも討論された賃貸の敷金の使われ方ですが、これはガイドラインが存在しています。
なので、どこまで敷金が適用する範囲なのかをまずは確認しておくと良いかもしれませんね。 気軽に引越しをすることの出来る賃貸ですが、一つ忘れてはいけないのはその物件は貴方のものでは無いということです。
物件のオーナーに借りているという自覚を持ち、常識ある賃貸生活を心掛けるようにしてください。




礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しようブログ:18-5-19

シェイプアップを成功させるためには
絶対に「痩せられる」と心から信じる…
強い信念が必要です。

強い信念を持っていると、
ちょっとした我慢や冷静な対応ができ、
前向きな行動がとれるようになります。

何度もシェイプアップに失敗して、
「僕なんて痩せられるわけがない」などと思っていると
簡単に挫折してしまいます。

自分に都合のいい言い訳をして、
お腹いっぱい食べてしまったり、
今までの習慣を改めることもなく
スナック菓子を食べ続けたりしてしまいます。

要するに、
気持ちの持ち方次第で
シェイプアップが成功すると言っても
過言ではないのです。

気持ちを強く持っていれば
ご飯の食べ方を工夫したり、
正しい判断で選択できるようになります。

「忙しいから」とか
「ストレスが溜まったから」と
自分に言い訳していては、シェイプアップに成功することはできません。

どのような環境の中でも、
強い信念を持ってシェイプアップに望めば、
誰でも痩せることが可能なんです。

一人暮らしや年配の方によくあるケースが、
残った物がもったいないからといって、
お腹いっぱいにも関わらず、食べてしまうことです。

食べ物が足りなかった時代には、
そのような考え方が美徳でしたが、今は違います。
残す勇気が必要なんです。

余分に食べてしまえば、からだは脂肪として蓄積します。
シェイプアップとは反対に反応するわけです。

残った物は食べる1日後とか、工夫して違う料理で食べることです。
そして、ご飯を作る時は、
「少なめに作る」ことが大切です。

基本的には、
もう少し食べたいと感じる量、腹八分目を守りましょう。

おしまい!!!
礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しよう

礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しよう

★メニュー

最も大切なのは出せる家賃の設定
賃貸の家賃が時期によって高くなることもある
礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しよう
不動産屋が競合しているからこそ狙い目
初期費用として家賃の半年分程度は用意
引越しの2週間前に賃貸探し
賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意
管理物件を多数抱えている不動産屋
偏った情報が掲載されている賃貸情報誌
やっぱり賃貸探しで役立つのがインターネット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)賃貸物件を探して快適で便利な日常生活