コンビニなどで気軽に購入をすることが出来る賃貸情報誌などにはエリア毎の相場が掲載されていますが、その情報が正しいとは決して限りません。
雑誌と不動産屋で提示する家賃相場があまりにも大きくショックを受けてしまうことがあります。
多くの人が賃貸情報誌などを参考にして物件探しをしていますが、その情報が全てでは決してありません。
誌面が限られているということは、安くて条件の良いものだけを掲載して目を引き、来店してもらうことに目的が集約されているのでご注意ください。

 

賃貸情報誌が店頭に並ぶまでは、インターネットとは違い様々な工程がありますので、実際に掲載されている物件情報は二週間程度過去の情報と認識しましょう。
実はせっかく見つけたその物件は、すでに契約されてしまっていることが多くありますので、正直なところ雑誌の情報は古い情報なのです。 もし東京や大阪などといった都心部で賃貸を探しているのでしたら、まずは自分の住みたいエリアの不動産屋へ行きましょう。
地方でも探すことは出来ますが、より良い賃貸と巡り合う為には現地に行くのが最も賢い選び方となります。



偏った情報が掲載されている賃貸情報誌ブログ:30-3-19

減量のために、トレーニングをしていると、
汗をかいたり、爽快な疲労感を感じますよね。

「いかにもカロリーをたくさん消費をしたなぁ〜」
という風に感じませんか?

しかし実のところ、
トレーニングすることによって消費されるカロリーの量は
限られたものに過ぎないんですよね。

日々のトレーニングによって消費されるカロリーの量は、
1日に消費するカロリーの量の2〜3割程度しかないといわれています。

一生懸命やっているのに、それくらいしかカロリーを消費しないのなら、
「トレーニングの意味がないのでは?」と思ってしまうかもしれませんが…

実際、トレーニングは
直接的には減量にそれほど貢献していないのです。

ところが、間接的には大きな貢献をしています!

減量とトレーニングの関係について
もう少し踏み込んでみると…

オレたちが1日に消費するエネルギーのうちの大半は、
生命維持のために使われています。

睡眠をしている時もエネルギーを消費しますし、
食べる事をするだけでもエネルギーを使います。
もっと言えば、
息をするだけでもカロリーが消費されるのです。

このようにオレたちが生きていく上で、
必要となるカロリーのことを「基礎代謝」といいます。

実は1日のうち、
基礎代謝によって消費されるエネルギーは、
全体の6〜7割といわれています。

基礎代謝によるエネルギーの消費量は、個人差があります。

基本的に、筋肉の量が多い人ほど、
基礎代謝の量が多くなるという関係性にあります。

筋肉の量を多くするためには、
トレーニングをする必要があります。

だから、減量をするためには
トレーニングをする必要があるわけなんです。






このページの先頭へ戻る