コンビニなどで気軽に購入をすることが出来る賃貸情報誌などにはエリア毎の相場が掲載されていますが、その情報が正しいとは決して限りません。
雑誌と不動産屋で提示する家賃相場があまりにも大きくショックを受けてしまうことがあります。
多くの人が賃貸情報誌などを参考にして物件探しをしていますが、その情報が全てでは決してありません。
誌面が限られているということは、安くて条件の良いものだけを掲載して目を引き、来店してもらうことに目的が集約されているのでご注意ください。

 

賃貸情報誌が店頭に並ぶまでは、インターネットとは違い様々な工程がありますので、実際に掲載されている物件情報は二週間程度過去の情報と認識しましょう。
実はせっかく見つけたその物件は、すでに契約されてしまっていることが多くありますので、正直なところ雑誌の情報は古い情報なのです。 もし東京や大阪などといった都心部で賃貸を探しているのでしたら、まずは自分の住みたいエリアの不動産屋へ行きましょう。
地方でも探すことは出来ますが、より良い賃貸と巡り合う為には現地に行くのが最も賢い選び方となります。



偏った情報が掲載されている賃貸情報誌ブログ:08-12-18

皆さんは、
ダイエットの天敵といえば、何をイメージしますか?

日本酒ですか?油っこいものですか?お菓子ですか?
どれも、食べるのを控えないと
太ってしまうイメージがありますよね。

特に「ビール腹」なんて言葉があるくらいですから、
「日本酒はダイエットのタブー」
といったイメージを持っている人が多いのでは?

ところが、日本酒を飲んだからといっても、
太るなんて訳ではないのですよ!

アルコール類は、カロリーの一部が、
飲む事によって起こる熱で勝手に消費されるので、
日本酒自体のカロリーは、高いとはいえないんですよね。

でも、日本酒を飲むと、満腹中枢が影響を受けます。
ビールなどは特に、食欲が増進する効果があるので、
必要以上に食べてしまうのです。

おつまみには、脂っこいカロリーの高い食べ物が多いですよね。
日本酒のあてには、濃い味つけのものや揚げものがよく合います。

しかも、日本酒のシメには、
とんこつラーメンなんかが食べたくなったりしてしまいます。
これも、日本酒の影響です。
満腹なのに、腹が空いていると勘違いをしてしまうんですね。

つまり、日本酒を飲むだけなら、
相当無茶苦茶しない限り、太る原因にはならないのです。

おつまみのカロリーなどに注意したり、油っこいものを避ければ、
日本酒を飲んでもそうブヨブヨにはならないでしょう。

日本酒を飲むなら、つまみは塩!くらいの気持ちでいれば、
ダイエット中の飲酒も特に問題はないと思います。

日本酒よりもストレスの方がダイエットの天敵なので、
飲みたい願望とも上手につきあっていきましょう。


このページの先頭へ戻る